『かいじゅうたちのいるところ』・・・少年が出会ったのは自分の心

もっとほんわかのんびりとしたハートフルファンタジーを期待していたのでこの内容は意外だった。少なくとも親子で楽しむファミリー映画ではないような気がする。これ子供が観ておもしろいのかなあ・・・などと余計な心配までしてしまった。

甘えたりキレたり泣き出したり叫んだりと、マックス少年の心は繊細というよりとにかく不安定だ。序盤こそエピの並べ方のうまさもあって彼に共感しつつ見入ったが、歳のせいだろうか、テーブルの上で暴れ出した彼に困り果てる母親のほうにむしろ感情移入してしまった。強く叱られ家を飛び出すマックスと、あわてて彼を追いかける母親。ここでどちら目線になるかで作品への思いも違ってくるかもしれない。

いつの間にか別世界に入り込んでしまったマックスが出会うかいじゅうたちも一風変わっている。いじけてたりひねくれてたりと暗めのキャラ。このネガティブさは紛れもなくマックスの心のうちそのものである。穏やかかと思えば突然怒り出すというキャロルの性格など姉や母親に対するマックスの心情や行動にそっくりだ。マックスが最初に意気投合するのも当然このキャロルなのだが、後半彼にとって最も恐ろしい存在となるのもまたキャロルである。
こうしてマックスは知らず知らずのうちに自分自身を客観視し、その一方で彼をかばってくれる優しいKWに理想の母や姉を思い重ねるのだ。

過去に現れた王様の末路を示すゾクリとするような描写もあり、またキレたキャロルがかなり怖い。まあ“WILD THINGS”なのだからそれでいいのかもしれないが、結局私は最後までかいじゅうたちにかわいらしさや愛嬌のようなものを見出せなかった。

かいじゅうたちと暮らすうちに自分の過ちに気付いた少年がいい子になって母の元へ帰っていく。母のほうもこれからは少年にもう少し優しくしてあげようと思いつつそんな彼を出迎える。
原作絵本は未読ながら要はそういう筋書きなのだろうから、それがもっとストレートに伝わってくるようなストーリーだとなおよかったのになあ。
たとえばマックスがキャロルにあるマークを描き残し、その気持ちがキャロルに伝わるシーン。このマークは序盤にちゃんと伏線があり、それをキャロルに宛てて描くことで現実世界の家族を思い直すマックスの成長ぶりが見て取れる名場面なわけで、こういうのをもっとバシバシ見せてもらえてたらより感動も高まったのだが・・・。

そうだ。マックスの先生が太陽の最期や自然環境についての授業の中で「津波」のことを「ツナミ」って言ってた(授業シーンのあと)。これって日本語が語源ってこと!?

ちなみにあの世界の住人で私が一番気に入ったのは、砂漠の丘を重量感たっぷりに歩いていた巨大な“犬”!

 ☆『かいじゅうたちのいるところ』公式サイト

この記事へのコメント

  • mig

    こんばんは。
    わたしはこれものすごくグッときました
    かいじゅうたちが愛おしくて。
    これはCGではないからこそだと思います~。
    あの短い絵本からここまでの映画になったのはやっぱり
    監督の力量とこの絵本のファンだからこそ。

    あ、ツナミは今やもう海外のニュースでもツナミって言うし、一般に浸透してますよ~。^^
    2010年01月16日 23:56
  • 悠雅

    こんばんは~♪
    わたしは、マックスもママもすっかり通り超えた、婆目線で観ておりまして、
    マックスがあんなにキレてしまうのも、
    大事なポイントを押さえ損ねてる、若くて忙しいママだから仕方ないよね…と
    かつての我とわが子を振り返りつつ、全体を見守るような感じで観てました。

    そうそう。絵本は肩透かしを食うほど、あっさりしていて
    受ける印象は、教訓的でも成長物語でもありません。
    今度、本屋さんで立ち読みしてみてください。すぐ読めてしまいます。
    ちなみに、‘津波’は‘駅伝’‘旨み’なんかみたいに、
    日本語がそのまま使われているようですよ。
    2010年01月17日 00:03
  • BROOK

    おはようございます。

    子供向け・・・というよりは大人向けなファンタジーでしたね。
    あのかいじゅうたちに小さな子供では泣いてしまうかもしれません。

    ストーリーはマックスの成長を追っているような感じでした。
    その中で巧みに彼の心の成長が描かれていたと思います。
    2010年01月17日 07:47
  • オリーブリー

    こんにちは。

    >母親のほうにむしろ感情移入してしまった。

    本当にここが分かれ目なんでしょうね。
    ママ、彼氏といちゃつく(笑)のはちょっと控えた方が良いとは思いますが、お姉ちゃんの部屋を濡らした時の対応もヒステリックじゃなかったし、仕事の合間に空想話聞いてあげるし、マックスの気持ちも解るけど、あんなお子様持つ親御さんは大変だ~と思いました。
    ほっこりとした感動系かと想像していたら、自分が投影された怪獣に、人の振り見て~な教訓っぽい感じでした。

    幼い子供より、思春期反抗期な年齢の子の方が何かしら感じるかも知れませんね(笑)
    2010年01月17日 12:43
  • にゃむばなな

    絵本って子供を楽しませる表の面と、子供に人間関係の大切さや生きる術をそれとなく教える裏の面を持ってますからね。
    私は子供向けにせず大人向けにしてくれたところに、スパイク・ジョーンズ監督の素晴らしさを感じました。
    2010年01月17日 13:15
  • dai

    こんばんは☆

    コメントありがとうございました★

    ファミリーで観るにはう~んって感じでしたね。
    映像だけの作品にしか思えなかったです。

    >「津波」のことを「ツナミ」
    津波は国際語らしいですよね。意外に日本語で国際語になっているものってあるらしいですよ。
    2010年01月17日 14:00
  • SOAR

    migさん、こんにちは♪
    マックスへの感情移入がし切れなかったこと、かいじゅうたちに愛おしさまで感じられなかったこと。
    私にとってこの二点が致命的だったようです~(汗)

    ただ、作品へのスパイク監督の熱い想いはものすごく伝わりました。

    ツナミは海外で通用するんですね。国際派のmigさん、ご教授ありがとうございます!
    2010年01月17日 16:29
  • SOAR

    悠雅さん、こんにちは♪
    婆目線って・・・!(でもウケタ)
    お子さんを一人前に育て上げた悠雅ママならではの目線っていうのがおありなんでしょうね。
    あのお母さんも冷たかったりイジワルなわけではないんですよね。まだ恋もしたい若さがちょっとポイントを押さえ損ねてる、なるほど~。
    若いママとマックスを見守る婆目線、ステキです!

    そっか、カラオケなどと同じなんですね。みなさんありがとうございます。
    2010年01月17日 16:30
  • SOAR

    BROOKさん、こんにちは♪
    ストーリー自体は子供にも伝わるはずですが、それにしては難しい含みのような物がちょっと気になりました。
    かいじゅうたちの造形もよくできてましたが、たとえばガチャピンくらいの愛嬌がないと子供には怖そうですよね。

    マックスの心の成長、最後に母に抱かれる彼の表情でたしかに伝わりました。
    2010年01月17日 16:30
  • SOAR

    オリーブリーさん、こんにちは♪
    あの吸血鬼の空想話のシーンで、マックスの賢さと甘えたがりなところがよくわかります。そしてお母さんの優しさも。(机の下でお母さんの脚に甘える彼がかわいかったです)
    一方でまだまだ恋もしたいお母さんの気持ちもわかるしなあ。マックスに共感するには少々おじさんすぎたかも知れません私(笑)

    あ~それ言えるかも!スネカジリのクセにウザイウザイを連発する多感な少年少女なら何かを見出すかもしれませんね。
    2010年01月17日 16:30
  • SOAR

    にゃむばななさん、こんにちは♪
    絵本が幼少期の教育に欠かせないのはまさにその二面性があるからです。でも絵本が原作だからといってそれをそのまま映画に反映させる必要は別にないわけで、このあたりがスパイク監督のセンスの良さなのでしょう。

    ただ、子供の目線で観ても単純に楽しめるような味付けもしてほしかったなとも思いました。
    2010年01月17日 16:31
  • SOAR

    daiさん、こんにちは♪
    たとえばモンスターズインクのような作品を期待して子連れで出かけてしまうと微妙なんじゃないかな~と、世のお父さんお母さんに対しそんな心配をしてしまったんですよね。

    ひええ、daiさんからも。そうか、れっきとした国際語なんだ。私のドメスティックな脳はタジタジです(笑)
    2010年01月17日 16:31
  • rose_chocolat

    どもです。
    犬、そう言えばいたいた(笑) よく覚えてますねえ。
    私はKWが好きです。 大人目線だからw

    これは小さい子どもというよりも、小学校高学年くらいの子が見た方がわかるかなあ。
    2010年01月27日 08:11
  • SOAR

    rose_chocolatさん、こんばんは♪
    いたでしょ?砂丘を行くでかい犬。ああいうの好きなんですよねえ。
    KWはマックスが求める癒しや愛情の理想像そのものだったんでしょうね。

    絵本と聞くと幼児をイメージしますが、少なくとも映画化された本作自体はもっと大きな子供たちが何かを感じてくれそうですね。
    2010年01月29日 23:36

この記事へのトラックバック

かいじゅうたちのいるところ / WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「マルコヴィッチの..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-01-16 23:52

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: その島には、かいじゅうたちが暮らしていた
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2010-01-17 00:04

かいじゅうたちのいるところ◇◆WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: その島で待っている見たことのない世界 流したことない涙ーー 東宝シネマズ二条にて初日に鑑賞しました。我想一個人映画美的女人blogのmigさんお薦めの作品で気になっていました。モーリス・センダックによ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2010-01-17 00:05

かいじゅうたちのいるところ 字幕版
Excerpt: <ストーリー>いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キーナー)とケンカして、外に飛び出してしまう。ふと気付くとボートに乗っていたマックスは、海を渡り、ある島にた..
Weblog: 映画君の毎日
Tracked: 2010-01-17 00:21

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズが 映画化。ひょんなことから不思議な島へとたどり着いた少年が島で出会った かいじゅうたちと繰り広げる冒険を描いたファンタジー。8歳の少..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-01-17 00:48

劇場鑑賞「かいじゅうたちのいるところ」
Excerpt: かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック「かいじゅうたちのいるところ」を鑑賞してきましたモーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本を「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」の鬼才ス..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-01-17 06:48

『かいじゅうたちのいるところ』はあなたの家だ
Excerpt: 親が子どもを「ウチのかいじゅう」などと表現するのはよくあることだが、『かいじゅうたちのいるところ』は、王様気取りの大怪獣たる少年�...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2010-01-17 08:46

昔の私も「かいじゅう」だった・・・。『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt: 世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を実写版映画化した作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2010-01-17 10:12

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: アメリカ  アドベンチャー&ファミリー&ファンタジー  監督:スパイク・ジョーンズ  出演:マックス・レコーズ      キャサリン・キーナー      マーク・ラファロ      ローレン・アンブロ..
Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
Tracked: 2010-01-17 10:15

[映画『かいじゅうたちのいるところ』を観た]
Excerpt: ☆痛快なファンタジーアクションとは当然ながら思っていなくて、絵本の映画化なので「子供騙し」だとも思っていなかったが、こんなにも大人の鑑賞に堪える良質の作品だとは思わなかった。  実生活で孤立感を感じ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2010-01-17 10:18

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 童心にかえって見守ろう!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-01-17 10:37

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 母と姉と暮らすやんちゃなマックス(マックス・レコーズ)は、自分の気持ちを分かってくれない悔しさから、ママ(キャサリン・キーナー)と...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-01-17 12:23

『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt: 少年の心を持ったまま大人になったスパイク・ジョーンズ監督やプロデューサーのトム・ハンクス。彼らが撮った映画だからこそ、この「かいじゅうたち」が人間の嫌な内面部分を具現化したもののように思えました。そし..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2010-01-17 13:23

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: (成長)でっきるかな?でっきるかな? 【Story】 いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キー�...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2010-01-17 13:44

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 原作絵本はかいじゅうの絵のタッチくらいしか知らなかったけど、ずいぶん前に予告編を一緒に観た友達がかいじゅうの再現具合に大興奮してたので、折角なので一緒に『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。 ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2010-01-17 14:56

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 子どもたちが小さい頃に散々読むのをせがんだ絵本『かいじゅうたちのいるところ』 とっても短い絵本のお話を一体どういう風に膨らませているのか気になっていました~今年最初の劇場鑑賞です【story】いたずら..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2010-01-17 18:52

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 【かいじゅうたちのいるところ】 ★★★★ 試写会(1)ストーリー やんちゃな8歳の少年マックス(マックス・レコーズ)は、シングルマザーの母と
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2010-01-17 21:24

かいじゅうたちのいるところ 吹替版 [映画]
Excerpt: 原題:WHERE THE WILD THINGS ARE公開:2010/01/15製作国:アメリカ上映時間:101分監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2010-01-17 21:34

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 「かいじゅうたちのいるところ」監督:スパイク・ジョーンズ  出演:マックス・レコーズキャサリン・キーナーマーク・ラファロ配給:ワーナー・ブラザース映画概要:空想が大好き�...
Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
Tracked: 2010-01-18 12:24

「かいじゅうたちのいるところ」 心の中のかいじゅう
Excerpt: マックスはとても不機嫌でした。 彼はまだ9歳の男の子。 年の離れたお姉ちゃんは(
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-01-18 19:58

ALL is LOVE~『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt:  WHERE THE WILD THINGS ARE  両親が離婚し、仕事に恋に忙しい母親に育てられ、年の離れた姉にも相手にし てもらえない孤独な少年マックス�...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-01-20 10:04

『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版)
Excerpt:   □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサ..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2010-01-20 12:29

「かいじゅうたちのいるところ」感想
Excerpt: モーリス・センダック原作。1963年の出版以来、今なお世界中で愛され続ける「20世紀最高の絵本」を、鬼才・スパイク・ジョーンズが映画化。 昨今のハリウッド映画にしては珍しく、銃でドンパチも、セクシーな..
Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~
Tracked: 2010-01-20 20:21

「かいじゅうたちのいるところ」絵本の世界そのまんま、映像は美しい
Excerpt: 「かいじゅうたちのいるところ」★★★☆ マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ主演 スパイク・ジョーンズ監督、101分 、 2010年1月15日公開、2009年、アメリカ (..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-01-20 23:17

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: Where the Wild Things Are (2009年) 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー 声:ジェームズ・ガンドルフィーニ、ローレン・アンブローズ..
Weblog: Movies 1-800
Tracked: 2010-01-24 01:59

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: かいじゅうたちのいるところ’09:米 ◆原題:WHERE THE WILD THINGS ARE◆監督・脚本: スパイク・ジョーンズ「アダプテーション」「マルコヴィッチの穴」◆出演:マックス・レコー..
Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~
Tracked: 2010-01-25 00:38

『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt: 予告を見て楽しみにしていた『かいじゅうたちのいるところ』観てきました。 あらすじは、 空想が大好きな8歳の少年マックスは、母と姉との3人暮らし。しかし、近頃母も姉も自分をあまり構ってくれず..
Weblog: Matthewの映画日記?
Tracked: 2010-01-26 02:53

『かいじゅうたちのいるところ』(2009)/アメリカ
Excerpt: 原題:WHERETHEWILDTHINGSARE監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェイムズ..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-01-26 07:30

かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: だいすき!だいすき!だいすき!ぼくのこえはとどいてるの? 『 かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE 』 2009年 アメリカ 101分 ..
Weblog: ゆるーく映画好きなんす!
Tracked: 2010-01-28 03:06

かいじゅうたちのいるところ (試写会)
Excerpt: ウオゥ~~~少し大人になって さようなら 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare2010年1月15日公開絵本の映画化監督: ス..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2010-01-29 08:11

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 2010年13本目 新宿バルト9で観てきました 童話ってどこか怖い話が多いですよね この映画はそんな怖い童話の記憶を呼び覚ましてくれましたw もりだくさんが一番怖かったのはタイ..
Weblog: ~映画盛り沢山~
Tracked: 2010-02-04 20:53

映画:かいじゅうたちのいるところ
Excerpt:  今回はかいじゅうたちのいるところを観てきました。  モーリス・センダック原作で、各国に翻訳されて世界で2,000万部を売り上げたという20世紀最高と言われる絵本の実写映画化だそうです。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-02-14 05:31

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: ブログネタ:最近泣いた? 参加中 鑑賞券を頂いてたのですが、 未だ行けず。 これでは上映が終わってしまうと 慌てて上映している映画館を探したのですが、 近くではもうレイトショーしかなくて それで..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2010-03-05 14:40

【映画】かいじゅうたちのいるところ…25年前の私なら好きだと語るかもね
Excerpt: 夏ですねぇ…実に暑い{/kaeru_fine/} ひとつ前の「アイアンマン2」の記事。 最後に「一旦、このあたりで」と締めているのは、その日にもう一回更新する予定だったからなのですが、流石は“計画..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2010-08-03 22:57

かいじゅうたちのいるところ (Where the Wild Things Are)
Excerpt: 監督 スパイク・ジョーンズ 主演 マックス・レコーズ 2009年 アメリカ/オーストラリア/ドイツ映画 101分 ファンタジー 採点★★★ 自分の子供の頃を思い出すまでもなく、男子ってのはちょっと目..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2011-06-27 15:43

『かいじゅうたちのいるところ』(2009)
Excerpt: 8歳の少年マックスは、母親と姉との3人暮し。だがシングルマザーの母は仕事が忙しく、また新しい恋人に夢中だし、姉は弟の相手よりも友だちと遊ぶ方が楽しい。 誰にも相手にされない寂しさから、マックスは母親に..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2011-07-28 23:14