『ラブリーボーン』・・・スージーがやり残したこと

独特の雰囲気を持つ秀作。サスペンスとしての手に汗握る緊張感もいいし、なにより鑑賞後に残る余韻があまり味わったことのない類のもので、なんとも心地よい感動を味わえた。

物語は14歳で猟奇殺人の犠牲となった少女スージー(シアーシャ・ローナン)の語りで展開していく。家族や初恋の男の子への想いから天国への一歩が踏み出せないでいる彼女が、天国と現世の狭間から語りかけてくるのだ。

彼女が殺害される直接的な描写はない。犯人から逃げようとするシーンと逃げ出したシーンとが連続するが、逃げ出して走るシーンは既に死後なのである。人に見えないものが見えるという同級生の女の子とすれ違わせることでそれに気付かせるあたりは面白いと思った。
(ここで示される女の子とスージーとの接触は、終盤への伏線にもなる)

スージーがさまよい歩く世界は時にファンタスティックであり、また時には殺伐とした風景が広がっている。共通するのは現世との奇妙なリンクである。父ジャック(マーク・ウォールバーグ)や妹リンジー(ローズ・マックィーバ)を別世界から見つめるスージーが切ない。このリンクは時間もさかのぼり、連続殺人鬼である犯人の魔手に掛かった過去の女性たちの痛ましい姿もスージーは見ることになる。
終盤、この女性たち(子供もいれば大人もいる)が天国への入り口となる木の下に笑顔で集まってくるシーンがあるのだが、私はここが泣けてしょうがなかった。現世への思いから解放されてやっと天国へ旅立てる彼女たち。

しかしここでスージーは立ち止まる。

「私にはひとつだけやり残したことがある」

その頃現世では妹のリンジーが必死の思いで犯人逮捕につながるある物を手に入れるのだが、犯人は先手を打ってスージーの遺体を隠していた金庫を処分すべく家の地下室から運び出してしまう・・・。

冒頭からスージーの口調は終始穏やかで犯人に対する憎しみや深い悲しみはあまり感じられないのだが、エンディング間近になり彼女が現世に残していた本当の思いが明かされるに至って納得。彼女の少女らしいささやかな未練に心を打たれた。家族や警察に真犯人を知らせようという思いよりもこちらのほうが14歳の少女には大きかったのだろう。彼女が死後の世界で再出発を切るために取った行動がいじらしくてまた涙・・・だった。

要するにこの作品は成仏できないゴーストが犯人の正体を現世になんとか伝えようとする物語ではないところがミソであり、これを受け入れられるかどうかで評価が割れる作品となりそうである。
すっきりしない部分も正直残った。リンジーの命がけの侵入とその成果も犯人特定につながらなかったのは残念だし、あの金庫のラストも何とかならなかったのかなと思う。

それでも作品全体の丁寧な作りには満足できた。現世、天国、その中間の世界、それらの幻想的なつながりは映像も設定も斬新だし、サーモン家の人たちの刻々と変化する微妙な心理表現も見事だ。スージーが撮り貯めた110フィルムのカートリッジ、真っ赤なツバキ科の花、おもちゃのスノードーム、そしてろうそくを灯したボトルシップなど小物のひとつひとつが持つ意味もそれぞれに深い。

親子や家族の絆を死を通して描く作品が数多ある中、本作はいつまでも記憶に残りそうだ。温かくて切なくて不思議な魅力にあふれた作品。観て損はないですヨ。

・・・余談・・・
事前にチケットを買っていたシネコンが突然の上映中止でアセった~。幸い近くの別シネコンでほぼ同じ時間帯に観ることができて一安心。その後払い戻しに出向いたところ丁重なお詫びとともに返金だけでなく無料鑑賞券まで頂いた。購入時の付加ポイントはそのまま有効とのことで、ちゃっかり別シネコンでのポイントも付いたわけだしこれはいろいろ得しちゃったな♪

この記事へのコメント

  • rose_chocolat

    どうもです。
    上映中止っていうのはタダゴトじゃないですね(汗) でも無料券出したんだから立派です。
    初日初回の『THIS IS IT』の上映で、映写機トラブルで10分間中断(→ しかもビリージーンのとこっす 涙)したにも関わらず、何の手当てもしない県内某シネコンとは違うにゃ。。。 

    物語の展開は、確かに評価が分かれそうですね。
    こういうのが好きか嫌いか、っていうのは大いにあります。
    この辺りは本当に個人の趣味!? 
    本作は非常に映像が美しかったですし、後から考えるとあれもよかった、これもよかったと、私にしては珍しく(笑)加点ポイントが出てくる作品でした。
    2010年01月30日 07:29
  • mig

    こんにちは、コメTBありがとうです☆

    途中までかなり高評価にするつもりで観てたんですが
    後半であれれってちょっとなりました、

    >リンジーの命がけの侵入とその成果も犯人特定につながらなかったのは残念だし、あの金庫のラストも何とかならなかったのかなと思う。

    妹はあの時、家にすぐ戻れてフツウだったらすぐにあれを見せますよね。父親があんな風になっちゃった汚名もはらせるし。
    それより母親戻った方が重要だったのかぼーっとしてるのがなんか違和感でしたけど、、、、
    でも楽しめたのでOKです 笑
    2010年01月30日 10:03
  • BROOK

    こんばんは。

    個人的にはスージーがもっと現世に働きかける展開になるのだと思っていましたが、
    結局、狭間からほとんど見ているだけでしたね。
    しかし、それが家族の“再生”へと繋がっているように思えました。

    そうそう、私も一度上映中止になったことがあります。
    その時は地震の影響でした。
    無料鑑賞券2枚も貰えました。
    2010年01月30日 19:36
  • SOAR

    rose_chocolatさん、こんばんは♪
    県内某、どこだ?(笑)
    今回上映中止になったシネコンは、『おっぱいバレー』で数十秒のブラックアウト(音声はあり)があった時に出口でマネージャーさんとスタッフ1名が客の一人一人に頭を下げながら無料券出したところです。
    県内では他に音声トラブルで無料ドリンク券をもらったこともありますが、一方でX PAND採用の某では3Dの微妙な上映トラブルに気付いて報告してやったのに「何がお望みですか?どうすれば納得されますか?」とクレーマー扱いされたことも(泣)
    たぶんローチョコさん(勝手に呼んでます~)の某はココでしょうな。

    同じファンタジー要素を持つ「かいじゅう~」の評価が高い人ほど本作がダメだったみたいで、みなさんのそんな傾向を読み解くのも面白いです(笑)
    2010年01月30日 19:44
  • SOAR

    migさん、こんばんは♪
    同じ同じ。せっかくの高評価気分が終盤で少し下がっちゃいましたよ~。
    妹のあのシーン、フツウなら「ママ帰ってきたの!ならちょうどよかった!」ってな感じでブツを見せるよねぇ。かといって母の帰宅がうれしくて我を忘れちゃったというわけでもありませんでしたよね。

    でも、雰囲気は大好きです。スージーの選択もむしろほほえましく思えました。
    2010年01月30日 19:44
  • SOAR

    BROOKさん、こんばんは♪
    例えばデミを積極的に助けるパトリックのような物語を期待すると、がっかりかもしれませんよね。あちらはラブ要素メインだったからよかったんだと思います。
    家族の絆と再生をテーマとする本作では、やはりスージーのポジションはあれでよかったんじゃないかなあ。
    2010年01月30日 20:11
  • 悠雅

    こんばんは。お邪魔が遅くなりました。

    横レスで申し訳ないのですけど、
    妹の決死の潜入とその成果を持ち帰った時の、あの微妙なシーンなのですが、
    わたしは、母が疲れ果てて出て行き、父が負傷してまで食い下がっている原因が姉の失踪なのだから、それを裏付ける証拠をここで差し出したら、両親の和解がまた拗れるか…それは見たくない…と咄嗟に判断し、せっかくのブツを一瞬引っ込めたのだと思ったのです。
    姉を思いながらも両親の不和に心痛めていたでしょうから。
    なので、それらを全部承知しても尚、超然としているおばあちゃんなら大丈夫、と見せたのだな…と。
    それらも含めて、観る人や立場、何をどう観るかによって、
    様々な解釈ができる、たくさんの要素を抱えた作品だったと思います。
    2010年01月30日 22:03
  • はぎお

    こんにちは。
    私は犯人に対する結末が「甘すぎる」という怒りばかり先行してしまって、全体を堪能する余裕がありませんでした(^^ゞ
    でも、悲惨ではあるけれど、家族の絆を感じられる温かい映画だったと思います。
    映像美も素敵で、きっとこの映画はずっと記憶に残る作品になると思います。
    2010年01月31日 00:02
  • にゃむばなな

    あのスノードームについて父親が言っていたセリフがこの映画のミソだったかも知れませんね。
    淋しいのではなく、その世界では幸せなんだということが。
    2010年01月31日 17:10
  • SOAR

    悠雅さん、こんにちは♪
    おお、それならつじつまが合います!
    リンジーがとっさに背中に隠したときの複雑な表情は、戦果としてみんなに見せたいけどここで見せたら・・・という顔ですね、たしかに。
    その後そっとおばあちゃんに差し出すのも納得です。家に来てからのおばあちゃんの態度は明るいというか動じてないというか、辛い感情を完全に制御できてましたからね。リンジーはかなり頭のいい子ですから、短時間で彼女なりに考えての行動だったんでしょう。
    ・・・あーそうか、だからおばあちゃんのあのキャラは作品的に必要なんだ!

    いや~悠雅さん、ありがとうです!
    モヤモヤがひとつクリアになりました!
    2010年01月31日 17:18
  • SOAR

    はぎおさん、こんにちは♪
    リンジーが見つけた物はあくまで状況証拠ですから、逮捕の決め手とはならなかったんでしょうね。ただ捜査の糸口としてはかなり重要な証拠になったはず。警察の無能さが残念です。

    作品ではスージーが心残りの想いを遂げて、すべてから解放されたということなんでしょうね。だから自分の遺体のことやのうのうと暮らす犯人とかは、もう彼女にはどうでもいいことだったのかもしれません。
    スージーの昇華と残された家族の再生という一応の解決があって、でもその裏では犯人にもけっきょく天罰が下る。まあ、そういうまとめ方もありではないでしょうかね。
    2010年01月31日 17:19
  • SOAR

    にゃむばななさん、こんばんは♪
    たしかに冒頭のスノードームの会話は、物語の行く末を暗示するような内容でしたよね。
    そういえばスージーの世界にも、あのペンギンがモチーフのような物体がそびえてましたっけ。
    2010年01月31日 17:22
  • dai

    コメント&TBありがとうございました。

    小物の活かし方は巧かったですね。ただ個人的にはやはり脇の人物がもう少しストーリーに食い込んできてほしかったです。
    2010年01月31日 18:54
  • rose_chocolat

    あ~のぉ~。。。
    >ローチョコさん(勝手に呼んでます~)
    ぶっ!!
    ローチョコさんってーのは初めて呼ばれましたw
    おもちゃのブロックのような。
    blog友に関西人がいるんですが、その人たちは「薔薇チョコさん」とか「チョコさん」とか呼んでるけど~
    ちなみに私のHNを1回で完璧に読んだ人、今まで1人しかいません(笑) 
    みなさんがいつも呼ぶ呼び方も実は違うんですが(笑)、面倒なんで直してないw

    >クレーマー扱いされたことも(泣)
    その系列で、いちばん長ったらしい名前のところです(よく考えたら県内じゃないぞ)
    あの系列はお客に頭下げないね。。。 とりあえず仕方がない時は行きますけど。
    SOARさん券いただいた所、わかりました。 今結構必死なとこですよね。 きっとどっかですれ違ってるかもですね(笑

    >同じファンタジー要素を持つ「かいじゅう~」の評価が高い人ほど本作がダメだったみたい
    自分は同じ評価。タイプが違うファンタジー、ちゃんと楽しかったですよ。
    2010年01月31日 18:57
  • SOAR

    daiさん、こんばんは♪
    あくまで現世は現世、スージーはスージーというけっして触れ合えない切なさを表現したのだと思いますが、たしかに現世の人たちの食い込みはいまひとつでしたね。
    2010年02月01日 00:57
  • SOAR

    (あえて)ローチョコさん、こんばんは♪
    勝手な省略呼びすいませんっ!
    へぇ~。ってことは英語読みじゃないですね~。ロゼショコラさんとか。

    系列で一番長い名前でよく考えたら県内じゃないトコ・・・「ひらがな漢字カタカナ~」のトコですよね。やっぱこの系列は頭下げないんですねぇ。

    で、上映中止のシネコンのほう、中止の理由はたぶん今やってるキャンペーンが絡んでますね。このキャンペーンやってるのは系列でも全国で2館のみで、その2館とも同日同文で中止告知してますから。料金設定に配給元が待ったを掛けたのかもしれません。
    2010年02月01日 00:58
  • くろねこ

    14歳の彼女がやりのこしたこと・・がコレなのは
    まぁありかな♪と思いましたけど。
    やっぱちょっと違うことを期待しちゃいました(笑)
    恨みや復讐といった感情はスージにも家族にも
    幸せを遠ざけることなんでしょうが・・。
    犯人のこの罰はやっぱ生ぬるい!と怒りたい~!
    2010年02月02日 01:50
  • SOAR

    くろねこさん、こんばんは♪
    犯人のきちんとした裁きがないままなのがどうも・・・という意見感想がとても多い作品になりましたねぇ。
    殺人事件でヒロインが亡くなる話ですからそこに落としたくなるのももっともですよね。
    でも私、少数派かもしれませんがこのラストで絶対よかったと思います。念願かなってキスをしたときの彼女の表情がとてもいいじゃないですか。さまよい続けていたスージーの魂がまさに救われる瞬間ですよね。
    それに比べて犯人の最期のなんと間抜けでちっぽけなことか(笑)
    法の裁きを受けての死刑なり終身刑よりはるかに惨めに思えました。彼の最期はあれでいいのかもしれませんよ~。
    2010年02月02日 22:41
  • Maria

    TBさせて戴きました
    いつもながら細かい着眼点にも丁寧な解説!
    そうですよね 手が触れたその時にスージーとあの少女の間に〈ご縁〉が出来たのだと思います
    金庫のことや妹の決死の犯人探しが即犯人逮捕に繋がらなかったこと…アレ?って一瞬思いましたが
    本作はスージーの〈恨み節〉ではないところに主題があるのではない…と解釈すれば現実はあんなものだと思います
    後味が良いのが私もこの作品の持つ香りなのだと思います
    2010年02月08日 11:18
  • SOAR

    Mariaさん、こんばんは♪
    あの特殊能力の女の子とスージーとがリンクすることで犯人が捕まるんだろうな~という鑑賞中の予想も見事に裏切られたわけですが、ここまでくれば作り手があえて恨み節にしなかったことは明白ですよね。
    それを受け入れられるかどうかが評価の分かれ目だと思います。
    後味のよさが作品の持つ香り・・・ウマイこと言いますねぇ。なるほど、確かにそのとおりです!
    2010年02月09日 19:43
  • sakurai

    うーん、映画に何を望むかなんですが、ある程度の高揚感と、カタルシス。
    これは予告の見せ方とか、宣伝の仕方で、見るほうに変な期待と、自分なりの展開を無駄に持たせてしまったのが、あたし的には、うーんとなってしまった感じです。
    監督の挑戦もわかるし、役者も素晴らしかったんですが、ちょっと違ってたな・・というのが、率直な感想でした。
    あと、あのエンドの長すぎが、そのせっかくの余韻を壊してしまったように感じてしまいました。
    前に見た、「奇蹟の輝き」という映画と、天国とのはざまあたりの描写がとっても似てたんですよ。
    マイナーな映画でしたが、あれを彷彿させました。
    2010年02月15日 10:30
  • SOAR

    sakuraiさん、こんばんは♪
    予告や宣伝から何をどう期待するか、これ次第で感想がガラッと変わってしまうことがありますよね。
    劇場版クレしんの特報や予告編では本編とかけ離れた映像をしれっと紛れ込ませるのが定番で、あれはあれで楽しいのですが。

    エンドロールをじっくり見ながら最後の情報収集をするのが常なんですが、これはさすがに飽きました。
    私を飽きさせるエンドロール、たいしたものです(笑)
    2010年02月16日 23:13

この記事へのトラックバック

ラブリーボーン
Excerpt: アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-01-29 23:48

ラブリーボーン
Excerpt: 家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され�...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-01-30 02:48

『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド
Excerpt: 原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-01-30 07:05

ラブリーボーン/シアーシャ・ローナン
Excerpt: 製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督ピーター・ジャクソンとビッグネームで煽られちゃったら期待しないわけにはいきませんよね。予告編の段階で既に物語の重要どころが明らかにされちゃってるような気がしな..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2010-01-30 08:38

ラブリーボーン
Excerpt: 2010年最初の感動大作―観て来ました~【story】スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、14歳のときにトウモロコシ畑で殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォー..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2010-01-30 09:03

ラブリーボーン
Excerpt: 近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2010-01-30 09:28

ラブリーボーン/ THE LOVELY BONES
Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ロード・オブ・..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-01-30 09:59

ラブリーボーン
Excerpt: 生と死を繋ぐファンタジー。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-01-30 10:11

ラブリーボーン
Excerpt: (原題:THE LOVELY BONES) 【2009年・アメリカ/イギリス/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★☆) 全世界で1000万部を越えるアリス・シーボルドの同名小説を映像化。 14歳で..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2010-01-30 16:02

ラブリーボーン
Excerpt: JUGEMテーマ:映画館でみました!これは、私が天国に行ってからのお話。
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2010-01-30 16:25

劇場鑑賞「ラブリーボーン」
Excerpt: ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか1..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-01-30 19:26

ラブリーボーン
Excerpt: 手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2010-01-30 21:50

ラブリーボーン [映画]
Excerpt: 原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2010-01-30 22:24

「ラブリーボーン」
Excerpt: 見てきました{/m_0158/}美輪さんナレーションの話題の映画{/m_0058/} 去年映画館で予告編を見ていたときから気になってました。 感動的でしたが、正直、想像していた作品とは違ってました..
Weblog: はぎおの「ツボ」note
Tracked: 2010-01-31 00:03

[映画『ラブリーボーン』を観た]
Excerpt: ☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、 ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2010-01-31 03:41

『ラブリーボーン』
Excerpt: '10.01.18 『ラブリーボーン』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。これは見たかった。試写会プレゼントのお知らせを見た時はうれしくて、早速応募。見事当..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2010-01-31 04:15

「ラブリーボーン」え~と、何と申しますか…。
Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2010-01-31 05:16

『ラブリーボーン』
Excerpt: 愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作あ..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2010-01-31 17:31

ラブリーボーン
Excerpt: 霊体質少女の使い方… 【Story】 スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑�...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2010-01-31 18:55

ラブリーボーン 心残りがそこか~=( ・_・;)⇒ アレ?
Excerpt: 【 {/m_0167/}=5 -3-】 今日は、先日仕事中に体調が悪いと早退なさって、ご帰宅後さらに容体が悪くなり救急車で搬送されたけどそのまま急逝されたうちの組合員さんご本人のお葬式だった。 100..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2010-01-31 23:44

mini review 10436「ラブリーボーン」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 14歳で殺されてしまった少女が、残された家族や友人たちが立ち直っていく姿を天国から見守り続けるファンタジックな感動ドラマ。全世界30か国以上で1,000万部以上を売り上げた原作を、スティーヴン・スピル..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-02-01 03:21

ラブリーボーン
Excerpt: 「ラブリーボーン」監督:ピーター・ジャクソン(『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『キング・コング』)製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ(『トランスフォーマ�...
Weblog: マー坊君の映画ぶろぐ(新装版)
Tracked: 2010-02-01 12:52

ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞)
Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:20..
Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-02-01 15:34

ラブリーボーン
Excerpt: こんなことあってはならない・・(涙)
Weblog: ★ Shaberiba 
Tracked: 2010-02-01 21:12

ラブリーボーン
Excerpt: 骨はどこ公式サイト http://www.lovelyb.jp同名小説(アリス・シーポルト著)の映画化監督: ピーター・ジャクソンスージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)、14歳。両親(マーク・ウォ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2010-02-02 15:31

「ラブリーボーン」 ◆感想を追記しました。
Excerpt: 1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしています。 1月29日(金)公開の映画「ラブリーボーン」も観る予定です。1月はこれで4本目のピックアップです。殺人の被害者となってしまった14歳の少..
Weblog: MOVIE レビュー
Tracked: 2010-02-02 15:35

【ラブリーボーン】★シアーシャ・ローナン
Excerpt: 私は、14歳で殺された―これは私が天国に行ってからのお話。お願い。私の思い、届いて。ラブリーボーンHPラブリーボーン シネマトゥデイ英題:THELOVELYBONES製作年:2009年製作国:アメリ..
Weblog: 猫とHidamariで
Tracked: 2010-02-02 17:55

「ラブリーボーン」
Excerpt: 「ラブリーボーン」 新宿ピカデリーにて。 監督・ピーター・ジャクソン ペンシルバニアのとある町に住む14歳の少女、スージー・サーモン。 1973年12月6日、彼女は何者かによって殺された・・。 これ..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-02-02 22:04

ラブリーボーン
Excerpt: <ストーリー>スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14 歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、...
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2010-02-03 01:22

ラブリーボーン
Excerpt:   『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズののピーター・ジャクソン監督が アリス・シーボルトの同名ベストセラーを映画化。 14歳で殺害された少女が、残された家族が崩壊して再生していく様..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-02-03 23:07

★「ラブリーボーン」
Excerpt: 今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2010-02-04 01:48

ラブリーボーン(試写会)
Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年6本目です。 【あらすじ】 1973年12月6日。 学校の帰り道に、近所に住む男..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2010-02-04 15:27

ラブリーボーン
Excerpt: 【ラブリーボーン】 ★★★★ 映画(5)ストーリー 優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2010-02-04 20:31

ラブリーボーン☆★THE LOVELY BONES
Excerpt: ピーター・ジャクソンの冒険作。原題は愛すべき骨たちなんですよね。猟奇的殺人の被害にあった少女たちに贈る鎮魂歌らしいストーリーのように思えるが。。。。どうも悲しみや憤りを露骨に表した作品ではないようだ。..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2010-02-04 22:29

天国と地上の間~『ラブリーボーン』
Excerpt:  THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-02-04 22:39

「ラブリーボーン」 死により生を描く
Excerpt: これは、私が天国に行ってからのお話。 日常の生活で生きていることを素晴らしい、と
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-02-06 07:21

ラブリーボーン
Excerpt: アメリカ&イギリス&ニュージーランド  ドラマ&ファンタジー&サスペンス  監督:ピーター・ジャクソン  出演:シアーシャ・ローナン      マーク・ウォールバーグ      レイチェル・ワイズ  ..
Weblog: 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing
Tracked: 2010-02-06 23:36

家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』
Excerpt: 14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2010-02-07 21:51

ラブリーボーン/The lovely bones
Excerpt: 《 ラブリーボーン/The lovely bones 》この映画観たかったんです「私の名前はスージー・サーモンお魚みたいな名前でしょ! 1973年12月6日私は14才で殺された」予告編動画から聞こえる..
Weblog: Musica di Maria
Tracked: 2010-02-08 11:07

「ラブリーボーン」胸に迫る想い
Excerpt: 今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-02-10 07:54

【映画】ラブリーボーン
Excerpt: ▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2010-02-11 23:53

ラブリーボーン
Excerpt: The Lovely Bones (2009年) 監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スタンリー・トゥッチ アリス・シーボルトの全米ベ..
Weblog: Movies 1-800
Tracked: 2010-02-12 00:56

「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー
Excerpt: 「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメ..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-02-12 07:59

「ラブリーボーン」感想
Excerpt: アリス・シーボルト原作。1973年12月6日、14歳で殺されたスージー・サーモンは、現世と天国の間から、家族や友人、初恋相手、そして自分を殺した犯人を見守る。  幽霊モノ、あるいは「実は主人公は死んで..
Weblog: 狂人ブログ ~旅立ち~
Tracked: 2010-02-14 18:47

ラブリーボーン
Excerpt: なんと言えない不思議な味わい。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-02-15 10:24

ラブリーボーン
Excerpt: 話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されて..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2010-02-15 15:45

ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES
Excerpt: P・ジャクソン監督のやりたいことをやる姿勢は嫌いじゃないけど・・・ 『 ラブリーボーン / 60点 / THE LOVELY BONES 』 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド 135..
Weblog: ゆるーく映画好きなんす!
Tracked: 2010-02-17 00:38

ラブリーボーン
Excerpt: 2010年2月21日(日) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『ラブリーボーン』公式サイト重い..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2010-02-25 22:12

映画:ラブリーボーン
Excerpt:  話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-02-28 21:56

ラブリーボーン
Excerpt: 監督    ピーター・ジャクソン 製作総指揮  スティーブン・スピルバーグ キャスト   シアーシャ・ローナン        マーク・ウオールバーグ        レイテェル・ワイズ     ..
Weblog: You got a movie
Tracked: 2010-02-28 23:05

ラブリーボーン
Excerpt: The Lovely Bones(2009/アメリカ=イギリス=ニュージーランド)【Blu-ray】 監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランド..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2010-07-07 23:10

ラブリーボーン
Excerpt: 『ラブリーボーン』  THE LOVERY BONES 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ/イギリス 【監督】ピーター・ジャクソン 【出演】マーク�...
Weblog: こわいものみたさ
Tracked: 2010-08-06 23:10

ラブリーボーン (The Lovely Bones)
Excerpt: 監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2010-09-12 22:15

【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)
Excerpt: 「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあ..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2010-10-03 00:58