『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』・・・“I Have a Dream 私には夢がある”

第84回アカデミー賞において4部門(作品・主演女優・助演女優・助演女優)にノミネートされ、ミニー役のオクタヴィア・スペンサーが見事助演女優賞を受賞した本作。60年代アメリカの人種差別問題という重いテーマを描きながらもその作風はコミカルで力強く、希望や温かさにあふれる好印象の一本。

黒人メイドの存在を白人女性たちがどうとらえているのか、ここに登場人物それぞれの個性があるのが興味深い。若い女性のリーダー的存在であるヒリーとその一派のように何が何でも黒人を差別しようとする世論がかの国を支配していたのがこの時代と思いきや、必ずしもそうでもないのだ。
自分の家で働いていたメイドを慕い、その消息を案じる作家志望のスキータや、そもそも何の偏見も持ち合わせない天然キャラのシーリア。彼女たちの自然な振る舞いは黒人メイドたちとの間に確かな友情を育み、ついには立ち上がるメイドたちの勇気へとつながっていく。料理を覚えたくて夫に内緒でミニーを雇ったシーリアの“恩返し”の場面は思わず涙腺が緩んだ。

スキータの母親がヒリーを一喝する終盤のシーンもインパクトあり。成り行きでメイドを解雇してしまったことへの後悔や懺悔の念、なによりメイドという存在に対する彼女の本心が娘スキータに伝わる名場面であった。


ヒリーの友人エリザベスの家で働くエイビリーンに懐くエリザベスの幼い娘の姿からもわかるように、純真無垢な子供にとって肌の色の違いに興味は抱いてもそこに差別の心は芽生えない。やさしく語りかけ抱きしめてくれる存在こそが子どもにとっての母親なのである。
そう考えればスキータのような感情こそが当たり前の気がするのだが、ヒリーやエリザベスたちはいつからああなってしまったのだろう。

「私たちが育てた子供たちが大人になって私たちを雇うのだ」

メイドたちのそんな言葉がとても印象的だ。心から愛情を注いだ子供たちがやがて自分たちを支配する側に回る日が来る。小さく柔らかい身体を抱きしめながら彼女たちは何を思ったのだろう・・・。


黒人差別問題が一つの大きなテーマながら、同時に様々な差別も本作では描かれる。職場における女性差別、集団での仲間外れ、肉親への冷たい仕打ち等、そうした渦中に置かれる登場人物たちが織りなすドラマであることで主題自体が一層盛り上がってるようにも感じた。


すべてがハッピーエンドとは行かないあたりディズニーらしからぬクールな終わり方ではあるが、未来の可能性すなわち私たちが生きる現在への希望を明確に予感させるエンディングはお見事。
鑑賞前に抱いていた悲壮感のようなものはほとんど感じることなく、それでいてテーマの重さはしっかりと伝わり、そのうえで散りばめられるユーモアに笑わされながらの2時間半。もう少し短くてもよかったかなと思わなくもないが、かと言って途中飽きが来ることもなく派手なアクション皆無にしてのこの見応えには大満足。

「I Have a Dream」

中学の英語の授業で聴いたキング牧師の演説が突然よみがえってきた。
公民権運動の時代を背景にした本作。虐げられていた黒人たちが各地で立ち上がった勇気の一端がここにもある。

この記事へのコメント

  • にゃむばなな

    白人の産みの母親と黒人の育ての母親がいる家庭が普通という当時のミシシッピ州。何だか凄く歪ですよね。
    メイドは下働きじゃなく、立派な友人。それを誰よりも分かっているシーリアのエピソードが大好きです。
    2012年04月02日 21:42
  • オリーブリー

    SOARさん、こんばんは。

    派手さはないけど見応えのある作品でしたね。
    メイドさんたちの方がよほど賢くて母性が深く、ユーモアと知性に溢れ、仲間の絆も本物。
    白人が持つ差別や偏見がどんなに己を醜い者にするのか…。
    「疲れませんか?!」と言われたヒリーが変わる日は来るのでしょか?(苦笑)
    2012年04月02日 22:37
  • 悠雅

    >鑑賞前に抱いていた悲壮感のようなものはほとんど感じることなく
    そこなんですね。悲壮感を味わわせないからこそ、観てる方が素直に受け入れられるんですね。

    他人の価値観に振り回されて汲々としている人より、
    集団から疎外されている人こそ、まともな感性を持っていて嬉しくなりました。
    『阪急電車』に登場したオバサンたちや、仲間外れにされてた彼女のように、
    群れてる側の感覚のほうがどうかしてるんだもの。
    一見、テーマは人種差別のようにも見えますが、
    どこにでもある普遍的な問題を、わかりやすい形にして、ユーモアも交えて伝えてくれた作品でした。
    2012年04月03日 17:14
  • SOAR

    にゃむばななさん、こんばんは♪
    雇う白人と雇われる黒人。こう決まってしまっていることがおかしいですよね。自由の国アメリカにこんな時代があったなんて。
    シーリアのエピソードは作品の後味の良さにつながりました。
    2012年04月03日 21:58
  • SOAR

    オリーブリーさん、こんばんは♪
    子供への接し方といい家事のこなし方といい、どちらが母親&主婦なのかわからないような状態でしたね。また、気取った白人女性たちは本音で友達付き合いはできず、仲間意識の高いのはメイドさんたちのほう。
    あの一言に固まってしまったヒリーの表情が印象的でしたねぇ。
    2012年04月03日 21:58
  • SOAR

    悠雅さん、こんばんは♪
    この時代のアメリカの人種差別問題ですから、やはり社会派ドラマとしての“固さ”は必要だと思うんですよ。でもフィクションなんですから適度なユーモアがあったほうが映画らしさは増すわけで、この両立がうまくできてる作品だなあと思いました。
    ああ、そうですね。『阪急電車』の人間模様と似てる部分あります。群れて自分たちを正当化しようとしてる側が間違っていて、虐げられてるほうが本当は正しい。こういう対比は観る人を引き付けますもんね。君たちの味方だよって。
    人種差別を通して、より身近な問題を考えさせてくれる作品でしたよね。
    2012年04月03日 21:59
  • sakurai

    ありがとうございました!
    前世紀の頃のこういうタイプの映画とは一線を画してましたね。やっぱ悲壮感より、見やすさや楽しさがいっぱいあって、気持ちを楽に見れたかも。
    60年代は遠くなりにけり・・・なのかもしれないなあ~などとも感じました。
    きっと今のアメリカ人にとっても、公民権運動も歴史の一つになったんじゃないかなあ、と。
    それはいいことなはずで、「あぁ、昔はこうだったのよ」ってわらって言える日も来たのかなあと。
    なもんで、あの事件がある意味、コミカルに描かれていたのに、ちょっとなあと感じましたのです。
    あれが実際に行われたにしても、口だけで実際はなかったにしても、どっちにしろ人としてまずいのでは、、と思いました。メイドとしてのプロであるべき姿を自ら汚してしまったのでは・・。
    なにはともあれ、いろいろと考えさせられました。
    2012年04月10日 22:27
  • SOAR

    sakuraiさん、こんばんは♪
    私も彼女の復讐方法は不快に思いました。笑えませんよ、あれだけは。ただ。もし口だけで実際にやってないのだったら私は同情なり共感の余地ありという考えではありますが。
    まあいずれにしろ、その行為自体は作り話であっても、そういうことが起こり得る信じられないような時代があったのは紛れもない事実なんですよね。
    そして差別は完全になくなったわけではないということ。本当にいろいろ考えさせられる作品でもありました。
    2012年04月12日 22:55
  • 株の銘柄

    とても魅力的な記事でした!!
    また遊びに来ます!!
    ありがとうございます。。
    2012年05月27日 15:01
  • SOAR

    >株の銘柄さん
    ありがとうございました。
    2012年05月27日 19:48

この記事へのトラックバック

ヘルプ 心がつなぐストーリー / THE HELP
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ヘルプとは、白人宅で働く黒人メイドのこと。 1960年代のアメリカ南部を舞台にしたベストセラー小説の映画化。 一人の白人女..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-04-01 12:49

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: ヘルプ ~心がつなぐストーリー~@よみうりホール
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2012-04-01 15:17

ヘルプ 心がつなぐストーリー/The Help
Excerpt: キャスリン・ストケットの全米ベストセラーを映画化。1960年代のアメリカ南部の田舎町を舞台に、1人の白人女性が黒人メイドの実態を取材して本にするまでを描いたヒューマンドラマ。主演は『ゾンビランド』のエ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-04-01 17:49

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 【THE HELP】 2012/03/31公開 アメリカ 146分監督:テイト・テイラー出演:エマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チ..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-04-01 22:35

映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」感想
Excerpt: 映画「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」観に行ってきました。 1960年代におけるアメリカの田舎町を舞台に、白人家庭で仕事をする黒人メイド達の実態を暴いた、実在する同名の本が出版されるまでの経緯を描い..
Weblog: タナウツネット雑記ブログ
Tracked: 2012-04-01 23:03

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: インパクト十分なチョコレートパイ 【Story】 アメリカ・ミシシッピ州。1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は“ヘルプ”と呼ばれていた。作家志望のスキーター(エマ・ストーン)..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2012-04-02 00:17

『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
Excerpt: ミシシッピ州に行ってもチョコパイだけは絶対に食べません! キャスリン・スケットのベストセラーを、彼女の幼馴染であるテイト・テイラー監督が映画化したこの作品。 人種差別を ...
Weblog: こねたみっくす
Tracked: 2012-04-02 22:07

ヘルプ 心がつなぐストーリー
Excerpt: 1960年代、ミシシッピ州。 上流階級に生まれ、黒人メイド“ヘルプ”に育てられた作家志望の白人女性スキーター(エマ・ストーン)は、大学卒業後、地元の新聞社で家事に関するコラムの代筆を担当することに..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-04-02 22:23

ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP
Excerpt: 予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の人..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-04-03 07:45

ヘルプ~心がつなぐストーリー~/THE HELP
Excerpt: 予告編を観て、なかなか面白そうで・・・ 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 60年代前半の米国南部の町ジャクソン。 大学を卒業して実家に戻ったスキーターは、生まれ故郷の保守的な町で旧態依然の..
Weblog: いい加減社長の日記
Tracked: 2012-04-03 07:53

ヘルプ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 女たちの決意。わたしの子供。パイ2切れ。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2012-04-03 16:30

アメリカの母たち~『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』
Excerpt:  THE HELP  ジャーナリスト志望のスキーター(エマ・ストーン)は大学を卒業し、ミシシッピ 州ジャクソンに帰郷する。彼女を待っていたのは、結婚・出産後、家事と子守を 「ヘルプ」と呼..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-04-03 16:45

"Don't Think Twice, It's All Right" テイト・テイラー監督『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』(THE HELP)
Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。キャスリン・ストケットのデビュー小説「ヘルプ」の映画化『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』 監督はテイト・テイラー、出演はエマ・ストーン、ヴィオラ・デイヴィス、オクタビア・..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2012-04-03 23:38

ヘルプ~心がつなぐストーリー~・・・・・評価額1700円
Excerpt: 世界は、どんなところからでも変えられる。 昨年夏、口コミが口コミを呼ぶ形で予想外の大ヒットとなり、全米で四週連続NO.1に輝いた「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」が漸く日本公開。 舞台となるのは、...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-04-03 23:51

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) 超美味のチョコパイに入れた隠し味の量は限界ぎりぎり?^^;
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
Tracked: 2012-04-04 22:19

『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』 そのいくつもの意味
Excerpt: なんて楽しい映画なのだろう。  ややオーバーアクション気味に豊かな表情を見せる役者たち、色鮮やかな街並みや衣裳の数々、恋人たちの背後に流れるオールディーズの歌声。いずれも映画の楽しさをいや増し...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-04-04 23:47

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 未だに終わっていない闘い
Excerpt: 【=17 -1-】 「委員長、今日の髪、あっちゃこっちゃ向いてますよ」「今風に動きのある頭にしてみました」「いやいや勝手に動いてますやん」「はい、そうともいいます・・・」。 昨夜は映画をレイトショー..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-04-05 11:14

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 人種差別が当たり前だった時代に、黒人メイドがタブーに挑んだ『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』を観てきました。 ★★★★★ 男性が立ち入る事の出来無い女性達のドロドロした人間関係を中心に、それだけで..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-04-06 01:14

ヘルプ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 人は誰でも他人をさげすむ可能性があることがわかる。周囲の環境に逆らえないで、流されてしまう。黒人メイドが白人の子供たちに必死になって教えている言葉、「自分は愛されている。誇り高い。自分は大切な人間だ。..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-04-06 15:41

★ヘルプ ~心がつなぐストーリー~(2011)★
Excerpt: THE HELP 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 上映時間 146分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2012/03/31 ジャン..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-04-06 22:42

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 製作年度 2011年 上映時間 146分 原作 キャスリン・ストケット 脚本 監督 テイト・テイラー 出演 エマ・ストーン/ヴィオラ・デイヴィス/オクタヴィア・スペンサー/ブライス・ダラス・ハワード..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-04-06 23:30

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~(2011)◇◆the Help 
Excerpt: 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 好き度:=80点 東宝シネマズ二条にて鑑賞 もうもうウルウルもんです。涙と鼻水で顔がぐしゃぐしゃ状態でした。お隣の方も私と同じ(笑)ベタなお話..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-04-07 10:11

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt:    『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』  (2011) アメリカ・ミシシッピ州。 1960年代当時、白人家庭でメイドとして働く黒人女性は「ヘルプ」と呼ばれていた。 ..
Weblog: サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村
Tracked: 2012-04-08 01:21

映画レビュー「ヘルプ 心がつなぐストーリー」
Excerpt: The Help. Movie Tie-Inクチコミを見る◆プチレビュー◆女性たちの勇気と友情に感動する「ヘルプ 心がつなぐストーリー」。真面目なテーマを軽やかに語る演出が好感度大だ。 【75点】 1..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
Tracked: 2012-04-08 19:34

『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」□監督・脚本 テイト・テイラー □原作 キャスリン・ストケット □キャスト エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、..
Weblog: 京の昼寝~♪
Tracked: 2012-04-09 12:10

ヘルプ 心がつなぐストーリー
Excerpt: アメリカの三丁目は、きつい時代だった。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-04-10 22:28

ヘルプ
Excerpt: 『ヘルプ 心がつなぐストーリー』をTOHOシネマズシャンテで見ました(注1)。 (1)本作については、この映画館を随分と利用しているために何回も予告編を見て、それで全部分かったような気になっていまし..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-04-18 21:23

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: ヘルプ 心がつなぐストーリー ★★★★☆(★4つ) 彼女たちの物語が、私を変える。私の物語が、世界を変える。 1960年代のアメリカ南部を舞台にした、ひとりの白人女性によって綴られた、“ヘルプ..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2012-04-22 14:38

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ 」 シリアスな題材を心地よいユーモアで
Excerpt: 黒人差別という社会問題を題材にしながらも、軽妙さ・ユーモアを爽快感も合わせ持つ快
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-05-06 13:39

「ヘルプ」 予想と違う重厚感
Excerpt: 「ヘルプ」の予告編と黄色のイメージカラーから勝手な想像をしていたようです。 もっと軽やかで、ユーモラスな作品を予想していたのですが、 考えてみれば人種差別を中核に据えた作品ですよね、 軽妙なものになる..
Weblog: カサキケイの映画大好き!
Tracked: 2012-05-07 00:21

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』~アカデミー賞受賞作品
Excerpt: 12-30.ヘルプ~心がつなぐストーリー■原題:The Help■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:146分■字幕:石田泰子■観賞日:4月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作総指揮..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-07-17 23:21

ヘルプ~心がつなぐストーリー~
Excerpt: 白人家庭と、そこで働く黒人家政婦。白人の黒人に対する偏見が酷かった事を痛感した。今でも勿論水面下ではあるんでしょうね。しかしユーモラスさを描写することによって、ただ悲惨な現状を告白するだけのお話に..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-10-01 09:28